穏やかな日々に...

うつ病になって3年が経ちました。過去の振り返りや現在のこと。前向いて歩いていこう!

MENU

集まりが苦手。法事に行っても感じた格差社会のこと。

こんにちは!

うつ病治療中のブロガーかべたんです。

そしてまたアドセンス落ちました(笑)

先日の法事のことを書きたいと思います。

 

 

うつ病になると集まりや決まった予定が苦手になります。

 

世間でいう3連休は都心でも雪の予報の影響で、ざわざわしていましたね!

 

前もって決まっていた法事なんですが、ちょうど連休の真ん中に予定が入っていて、雪の影響を気にしていました。

 

私はパニック障害にもなっているので、電車での移動が本当に苦手です。車ならいくらか平気なんです。

 

積雪予報では積もるよ予定になっていたので、スマホで電車での移動時間を調べたら2時間半...これはやばいっ!

 

でも行かないといけないし、先祖の供養ですし。

 

そんな心配をしていたら、雪も積もらなくて車で行くことも出来て、さらに道が空いていて助かりました。

うつ病になってからというもの、親戚との集まりがすごい苦手になりました。

多少はカミングアウトしていますが、やはり現在働いていないこともあるし(妻も)無職なので。

 

もし

「今、どんな仕事してるの?」とか

もしパニックが発動したらどうしょう..とか

 

いろいろな考えが頭をめぐって、前日に妻にずっとつぶやいていました。

 

まぁ結果何も触れられることもなくて、安心したんですが。

 

あと前もって予定が決まっていることが苦手です。

 

当日の朝に起きてみないと、ぶっちゃけ体調ってわからなくないですか?

大事な用事があればあるほど苦手です。

 

でもなんとかこなしてきました。

ひと安心...

 

でも今後、こういうことが増えてくるし、太って礼服はいらなくなったし。

断れない用事をどうこなして行くのかが、問題です。

 

生きてる時の経済状況で亡くなってからも格差が決まる

 

 

法事を行った場所って、結構大きい霊園なんですがちょっと思った事があります。

 

開始時刻まで時間があって暇ということもあり父から

「有名な人のお墓もあるから見に行ってみよう」って言われて行ってきました。

 

墓地って見晴らしがよい所だったり、場所だったりで価格が変わってきますよね!

そこで見に行ったんです!

 

立地も良くて、何よりびっくりしたのが広さです。

「うちの寝室より遥かに広いっっ!」

 

父は勝手に入っていってましたが...(笑)

 

墓石もピラミッド型だったり、宇宙をイメージしてあったり。

 

そして、亡くなってからも名刺受けまで設置されている墓が多い。

 

でもですよ、その家の墓というか、完全に個人専用のお墓が多いんです。

どこかの有名な社長なのか、著名人なのか知らないですが一人で入ることを本当に望んでいたのかなぁ?って

 

斎場にしてもランクがあって、一番大きい部屋には仏像があったり、逆に言うと安いランクの部屋には掛け軸だけ・・・

 

戒名にしたって、あれって金額によって違うわけじゃないですか?

 

やっぱり生きている時の、生前の経済状況だったり、地位だったりで

亡くなってからも全然違うんだぁって思いましたよ。

 

格差社会はこんなところにも存在していたんだぁって思いました。

 

最後に思うこと

 

いろいろな所で格差を感じる事ってあると思うんです。

 

まさかこんなところでも、感じるとは思いませんでした。

 

私はまだお墓を建てる年でじゃないけど、自分がもしその立場になったら、どうするんだろう・・・

立派なお墓は...いらないかな。自分のだったら。

 

それよりも残された人に、少しでもお金を残してあげたいとは思っています。

 

でも自分の大切な人だったら...逆の考えになるかもしれないですし。

 

最後くらいは、立派にって思うかもしれません。

 

難しい所ではありますが、自分の意思や希望を伝える終活って大事かもしれないですね。

まだ話合う年ではないけど。

 

格差は感じたけど、本人の意思が大事ですね。

皆さんはどうですか?